HOME >> 刊行物 >> 定期刊行物

刊行物

定期刊行物

HICE NEWS

2015年4月号よりHICE NEWSが全面フルカラーへと一新しました。日本語にルビをふり、部分的に英語とポルトガル語を併記しています。 英語、ポルトガル語の詳しい情報についてはホームページ、Facebookなどをさらに充実させていきますので、そちらをご利用ください。 年2回(9月と3月)はトピックスなども盛り込んだ特集号を発行しますのでお楽しみに!

HICE NEWS

バックナンバー

HICE NEWS (2021.03)

やさしい日本語でつたえよう!
【複文を単文にする】

元の文章
これは今月末までに出してほしい書類ですが、こちらにあなたの名前と住所を書いたら、
できるだけ早めに提出していただきたいです。
    ↓
やさしい日本語
ここに あなたの名前と 住所を 書いてください。
書いたら 持ってきてください。
2月28日までに 持ってきてください。


【POINT】
複文とは、ひとつの文の中に2つ以上の述語がある文のことです。やさしい日本語では、複文の使用は避け、単文で伝えるように心掛けましょう。
また、ひとつの文の中に入れる情報はひとつだけにしましょう。 単文に直してから、わかりにくい単語(漢語、カタカナ語、敬語など)はないか、曖昧な表現はないかなど、単語と表現を見直すとよりわかりやすくなります。

HICE NEWS (2021.02)

Mensagem do novo Cônsul-Geral do Brasil em Hamamatsu
在浜松ブラジル総領事館・新総領事からのメッセージ

Após exercer as funções por quatro anos deembaixador do Brasil no Timor-Leste, um pequeno país do sudeste da Ásia que tem o português como língua oficial, fui designado pelo Presidente da República como Cônsul-Geral do Brasil em Hamamatsu, cidade que abriga uma comunidade brasileira de cerca de 10 mil pessoas.
Estou muito feliz e empolgado com a oportunidade de viver no Japão, este país fascinante, pelos próximos três anos.
Pretendo estabelecer uma comunicação direta com a comunidade brasileira, ordeira e trabalhadora, de
Hamamatsu através das redes sociais e atuar para aumentar a auto estima do brasileiro em nossa
jurisdição.

【日本語訳】
ポルトガル語を公用語とする東南アジアの小さな国、東ティモール民主共和国のブラジル大使を4年間務めた後、ブラジル連邦共和国大統領より、約1万人のブラジル人が滞在している都市、浜松市のブラジル総領事館総領事に任命されました。
日本は、魅力的な国であり、今後3年間住む機会を与えられたことをとても嬉しく思います。
私は在浜松総領事館管轄内の皆様が日頃勤勉に働くことによって確立してきたブラジル人コミュニティと、ソーシャルネットワーク等を通じて直接的なコミュニケーションを取り、ブラジル人としての誇りを高めるために努めてまいります。

HICE NEWS (2020.12)

や さ し い 日 本 語 番 外 編 
HICE職員に聞いてみた!わかりにくい日本語あるある

HICEには様々な国・ルーツの職員が在籍しています。 母語と日本語の両言語を駆使して日々の業務をこなす彼らに、どんな日本語がわかりにくいと思ったかエピソードを聞いてみました。 やさしい日本語のヒントがそこにはあるかもしれません!

【わかりにくいよ! 曖昧な表現】

「大丈夫です」「 難しいです」
「いいです」「 結構です」

一番賛同を集めたのが「曖昧な表現」でした。
「 ブラジルで“難しいです”は“難しいができる”というYESの意味があります」(ブラジル出身職員)。
「 コンビニでスプーンが欲しくて『(YESの意味で)いいです』と言ったらもらえませんでした」(韓国出身職員)といった失敗談も。

「 曖昧な表現」は日本に1~4年ほど暮らしている外国人が難しいと感じる日本語(会話)第4位※に入ります。 YESかNOかはっきり伝えることが大切ですね。

※「やさしい日本語」の手引き(愛知県)https://www.pref.aichi.jp/uploaded/attachment/288127.pdf 参照

HICE NEWS (2020.11)

浜口ウレタン株式会社様よりマスクが寄贈されました!

10月5日(月)に、浜松市西区の浜口ウレタン株式会社様より浜松国際交流協会へ800枚のウレタン
製マスクを寄贈していただきました。

このマスクはウレタンフォームの製造メーカーである同社が作製したもので、お茶のべにふうきパウダーが添加されたマスクと竹炭パウダーが添加されたマスクの2種類があります。体に優しい素材で色付けられたマスクは、それぞれ、抗菌効果や消臭効果があり、ネットに入れれば洗濯機で300回洗えるという経済性もあるようです。
浜松国際交流協会では、日本語教室や語学講座、各種セミナーを受講される皆さんにこのマスクを配り、感染予防に活用させていただきます。
浜口ウレタン様ありがとうございました。


HICE NEWS (2020.10)

や さ し い 日 本 語 番 外 編 ダニエル・フイン(CIR・国際交流員)

日本語は、英語圏出身者にとって最も習得が難しい言語の一つです。 イギリス出身の私も今でも勉強中です。 その中で苦労する点は和製英語です。
英語の単語をそのままカタカナにしているので同じ意味かと思ったら違うということが度々あります。

Service - サービス
サービス in Japan means “Free”. In the UK, service usually refers to
businesses providing necessary “services” such as the transportation
service, gas service, water service, service station etc. or the act of working
for someone.
サービスは日本では「無料」という意味があります。 イギリスでは、サービスとは、交
通機関、ガス、水道、サービスステーションなど、必要な「サービス」を提供するビジネ
スや、誰かのために働く行為を指します。

Mansion - マンション
Mansions are luxury residences in my mind so the ¬rst time I heard the word
mansion in Japan I expected the same meaning. To my surprise, while they
are indeed luxurious places to live in Japan, I expected the apartments to be
bigger.
マンションといえば高級住宅というイメージがあるので、日本で初めてマンションを
聞いたときも、同じような意味を期待していました。驚いたことに、日本ではマンショ
ンはアパートのことでした。 確かにいい住宅ですが、もっと広いと思っていました。

聞いたときも、同じような意味を期待していました。驚いたことに、日本ではマンショ
ンはアパートのことでした。 確かにいい住宅ですが、もっと広いと思っていました。

Bike - バイク
When I was talking to a colleague about バイク (Baiku), I misunderstood and
thought we were talking about bicycles. You see, bike is the short form for
bicycle where I come from but in Japan it is the short form of モーターバイク
(motabaiku), a motorcycle.
同僚とバイクの話をしていたとき、勘違いして自転車の話をしていました。イギリスで
はバイクは自転車の短縮形ですが、日本ではモーターバイク(motabaiku)の短縮形
で、オートバイのことを指しています。

Cooler - クーラー
A cooler is another name for an air conditioner in Japan. However, in the UK
a cooler is a box which you ¬ll with ice and cool down drinks in.
クーラーとは、日本ではエアコンの別名ですね。しかし、イギリスではクーラーとは、氷
を入れて飲み物を冷やす箱のことです。

HICE NEWS (2020.09)

外国人雇用サポートデスク・中間報告
個々人の能力や専門性を生かした最適なマッチングを目指して

Employment Support Desk for Foreigners - Interim Report
Aiming for the Best Match Based on Individual Abilities and Expertise
Relatório Intermediário do Setor de Indicação de Trabalho
Visando a Colocação Ideal, considerando as habilidades e conhecimentos de cada um

今年4月から浜松市の委託事業として始まった「浜松市外国人雇用サポートデスク」。 おりしも新型コロナウイルス感染症の蔓延により経済活動が停滞し、派遣等の非正規雇用が多い外国人の雇用環境が急激に悪化する中、サポートデスクでの相談は4月から7月の4か月間で
366件となっています。 そのような厳しい状況の中で、求職者の能力を生かし最適なマッチングができた事例も出ています。 また、平行して行っている留学生と企業の雇用マッチング事業では、インターンシップ事業が始動しました。 これらの状況をお伝えします。

■ブラジルでの経験を活かして
 「ブラジルではデザインやマーケティングを大学で学び、銀行でも働いていたので、その経験を活かしたいと思っていました」と語ってくれた30代、日系3世のブラジル人男性。 滞日期間は合わせて5年くらいで、日本語は日常会話程度だったこともあり、浜松での仕事はデカセギとして工場勤務が続いていました。 今回、新型コロナウイルス感染症の蔓延により派遣会社を雇止めになってしまいましたが、そのタイミングで当協会の雇用サポートデスクに登録、見事、地元の遠州信用金庫に再就職が決まりました。
 「決め手は前向きに学ぶ意欲、真面目に話を聞く姿勢」とは採用担当者の言葉です。 そのほか、ポルトガル語・日本語のみでなく英語力も高く、潜在的な学習能力も評価のポイントだったようです。 これまでは自分の能力を存分に活かせず鬱々していた彼ですが、「将来性を期待してくれたことに感激した。精一杯がんばりたい」と新しい職場での抱負を語ってくれました。

■地元・浜松に貢献したい
 この遠州信用金庫には、もう一人の方も採用にいたりました。 ブラジルで生まれ日本で小学校から大学まで教育を受けた、日系ブラジル人2世の女性です。
 「転職活動は東京でも進めていましたが、コロナの影響でテレワークが中心と言われ、東京へ行くのを迷っていたときに、大学を中退して一つの仕事を深めることのなかった私にも将来性を評価してくれたことに感激して決めました」と、これら地元・浜松に貢献したいという思いが芽生えてきたと語ってくれました。
 転職が多いことは逆にいろいろな経験があると強みに捉え、大学で鍛えた英語力も武器にマッチングをサポートした結果です。
 このように雇用情勢が厳しい中にあっても、遠州信用金庫が外国人材の能力を活かし、浜松の活性化につなげたいと考える地元企業であったために、求職者一人ひとりの能力や意欲を見極めながらのマッチングができた好例となりました。

■留学生の専門性を活かしたインターンシップを その他、新規事業として、地元経済団体である浜松経済同友会と連携して、地元の大学を卒業する予定の留学生と地元企業とのマッチングを進める事業も行っています。
この事業は、7月から9月にかけて、「インタラクティブ( 双方向支援型)・インターンシップ」と名付け、応募した地元企業8社と静岡大学などの学部生・院生が2週間程度のインターンシップに臨むもので、7月8日(水)と29日(水)には企業向けに雇用に結びつけるインターンシップの心がまえや方法について静岡大学特任教授の藤巻義博先生からお話をいただきました。 また8月11日(火)には留学生44名が企業との個別説明会に臨み、このうち28名が8月末から9月にかけて希望する企業のインターンシップに参加することになりました。
 「企業にとってインターンシップは、優秀な学生を発掘し、一緒に働くことで能力・適性・人間性を判断でき、入社後のミスマッチを防ぐ。 学生にとっては自分の適性を知り、会社や日本の企業文化を知る機会になるので、積極的に取り組んでほしい」と藤巻先生は意義を語ります。 自分の専門性を具体的に活かして活躍できる場を求めている留学生に、のびのびと自分のやりたいことができる現場があると思ってもらえるようにするには、受入れ側も異文化理解を深める必要があります。 今回は企業と留学生の間をつなぐインターンシップアドバイザーを配置し、単なる経験で終わらない雇用マッチングにつながるインターンシップを目指しています。
 現在、インターンシップ進行中、双方が満足できるインターンシップにどのような成果が出るのかご期
待ください。

<<PrevNext>>
サブメニュー サブメニュー
Copyright(c) Hamamatsu Foundation for International Communication and Exchange All Rights Reserved.